2014年度の勉強会スケジュール

非精神病性ひきこもり者に対するグループ・アプローチ

日時:2014年7月5日(土)13:00-16:30 

講師:板東充彦(NPO 法人うめづメンタルケアセンター)

定員:7、8名

参加費:2,500円 学生2,000円

場所:にんじん

☆参加申込はこちらのメールフォームをご利用ください☆

 

社会的ひきこもりの青年たちのサポートグループを地域で立ち上げた経緯、10年間の経過、グループ構造とファシリテーションの工夫についてお話します。ひきこもりの方たちがグループに「居られる」ようになることで彼らの時間が動きだし、情緒が賦活化される過程。言語的にも非言語的にも交流をしない彼らがグループで何を体験しているのか。加えて、同時期に始めた「ひきこもり自助グループ代表者の集まり」のねらいについてもお話しします。

後半は参加者で要望を出し合いながら内容を考えすすめます。例えば、その時々で、前半の振り返り、それぞれのファシリテーター体験の振り返り、グループの事例検討等をします。

大人になりきれない大人たちの怪しく不思議なコミュニティ作り

日時:2014年9月7日(日)13:00-16:30

講師:吉田尚司(イグアナの会 事務局長)

場所:西宮市大学交流センター予定

定員:7、8名

参加費:2,500円 学生2,000円

☆参加申込はこちらのメールフォームをご利用ください☆

 

 SNSの普及を背景にして、さまざまな非臨床系のグループの活動が活発になってきました。「自分を知る」「創出・創作」「学校やマスコミが教えてくれない本当のこと」「ばかばかしいことを真面目に」などのテーマで開催されています。組織や人間関係からの同調圧力の強い日本社会で生きてきた大人たちが、自分を癒し、開放し、再構成し、エンパワーメントする場ともいえます。今回、各グループの活動内容や共通するもの、ファシリテーションの特徴などをお話しします。

 後半は参加者で要望を出し合いながら内容を考えすすめます。例えば、その時々で、前半の学びの振り返り、それぞれのファシリテーター体験の振り返り、グループ事例検討等をします。