いろんなタイプのファシリテーターから学ぶ ファシリテーション

グループ臨床に関心のある方。

自分のファシリテーションの仕方を客観的に振り返ってみたい方。

 

そういった方々の学びの場として、ファシリテーション研究会はできました。

 

ファシリテーションの方法は1つではありません。

産業、医療、教育などの領域。参加者の年齢。参加者の置かれた状況。

そういった様々な要素を考えながら、

そのグループに適したファシリテーションを考える必要があります。

 

柔軟に。そしてひとりよがりにならないために。

 

研修会にはひとつ参加しても

学びや気づきがあるかもしれませんし、

いくつか参加して、ファシリテーターによる違いを体験しながら

自分がグループや臨床で大切にしていることを確かめるのも良いかと思います。

 

この出入り自由のオープンな学びの場を、おおいに活用してください。

 

2014年度の活動

(1)勉強会

グループ・アプローチについての理論的学びとして、定期的に勉強会を実施しています。勉強会には「文献購読による学び合い」と「ゲスト講師を招いての勉強会」の2種類あります。前半は内容を決めており、後半は参加メンバーの要望により内容をその場で決めてすすめます。後半の例としては、ちょっとしたグループの疑問に答えたり、グループケースのカンファレンスをしたり、午前中の学びの発展としてのやりとりを行うことがあります。

 

(2)1日エンカウンターグループ

気軽にエンカウンターグループのエッセンスを体験できる場として、またファシリテーターとしての実践の機会として開催します。

スケジュール